案件フォルダ機能を使う

写真・ファイル管理には取引先フォルダ機能があります。

取引先フォルダ機能では案件毎に写真やファイルを管理できます。

以下の画像が全体像です。①~⑧の順に使い方を説明します。

___________990_.png

 

①ファイル、画像、フォルダのアップロード、フォルダの作成ができます。

①ファイル・画像をアップロード(開いている案件に格納)できます。

②フォルダをアップロード(開いている案件にファルダを作成)できます。

③フォルダを作成できます。

___________991_.png

 

②メニューを開きます。

①ファイルを開きます。

②写真・フォルダの公開範囲を設定できます。詳しくはこちらから

③写真・フォルダのダウンロードができます

④写真・フォルダの複製(コピー)ができます。詳しくはこちらから

⑤写真・フォルダを開いているファルダ以外に移動する・させることができます。詳しくはこちらから

⑥写真・フォルダ名の変更ができます。

⑦写真・フォルダの削除ができます。(フォルダ名の左側にチェックをいれることで一気に削除できます)

 

___________994_.png

 

③フォルダ内を閲覧します。

___________1000_.png

 

 

④フォルダやファイルの表示順(昇順/降順)を変更したり、表示の方法を切り替えられます。

___________995_.png

 

⑤選択されているフォルダやファイルの詳細情報を閲覧できます。

 ファイルやフォルダに関連した情報の切り替えが可能です。

___________996_.png

 

⑥最終更新日時が表示されています。

___________998_.png

⑦写真・フォルダをアップロードした人の名前が表示されます。

___________997_.png

 

⑧公開範囲が全員なのか自社組織なのか一部メンバーのみなのかが確認できます。

___________999_.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています